特定非営利活動法人
        リスト音楽院楽友会
                    Non-Profit Organization&
       The Society for Friends of Liszt Academy of Music

 
HOME

設立の趣旨・定款
総会議事録
役員名簿
これまでの事業
派遣コンサート事業

リスト音楽院の紹介
教授陣プロフィール

リスニングルーム
公式Facebookへ

入会のお申込
事務局へ連絡メッセージ
後援の申請
関連サイトリンク

 **** 教授陣プロフィール ****
FALVAI Sandor:Piano
ファルヴァイ・シャーンドル(ピアノ)
>プロフィール
SZABADI Vilmos:Violin
サバディ・ヴィルモシュ(ヴァイオリン)
>プロフィール
ONCZAY Csaba:Cello
オンツァイ・チャバ(チェロ)
>プロフィール
 2004年までの担当教授
KISS Andoras:Violin
故キシュ・アンドラーシュ(ヴァイオリン)
>プロフィール


FALVAI Sandor:Piano
ファルヴァイ・シャーンドル(ピアノ)







ページのトップへ
◆1970年
 ローザンヌで開催されたユニセフ主催のガラコンサートに招かれ、世界的アーティストらと共演。
◆1972年
 リスト音楽院を優秀な成績で卒業。ブダペスト交響楽団のソリストとしてドイツの主要都市にて演奏。
◆1973年
 チャイコフスキー音楽院大学院で研鑽を積む。
 ハンガリーラジオ放送ピアノコンクールで2位。
 ベルリンでプロデビューコンサートを行い成功する。
◆1978年
 ニューヨークのカーネギーホールにおいてアメリカデビューを飾り、絶賛を博す。

◆ ヨーロッパ各地はもとより、日本、カナダ、アメリカなど世界各国で演奏活動と教育活動を行う。これまでに、20以上のCDを発表している。また、リスト、プゾーニ、フンメルなどの国際的なピアノコンクールの審査員としても知られている。リスト音楽院ピアノ科主任教授を経て、97年よりリスト音楽院院長。
◆ 98年岐阜県に初めて訪問し、マスターコースとマスターコンサートで多くの支持を得る。




SZABADI Vilmos:Violin
サバディ・ヴィルモシュ(ヴァイオリン)





Website:
http://www.szabadi.com



ページのトップへ
◆1959年
 ハンガリー生まれ。リスト音楽院を卒業。
◆1982年
 「ハンガリー・ラジオコンクール」で初の受賞。
◆1985年
 「シベリウス・コンクール」第3位(以来、フィンランドに招待され、定期演奏や大学院で授業をおこなう)。
◆1988年
 ロンドン王位フェスティバルホール(ロイヤル・フェスティバル・ホール)で開催される“バルトーク祭”でゲオルグ・ショルティ氏に誘われ、バルトーク「ヴァイオリン協奏曲第2番」を演奏。これを機に国際的な活動を開始。


◆1993年
 ハンガリー政府から「フランツ・リスト」賞を授与。
◆1995年
 スペイン・マドリード「ストラディヴァリウス・シリーズ」に参加。スペイン王室が所有するストラディヴァリウスを演奏。現在は、クレモナの1778年製「STORIONI」を演奏。
 第33回Midem Festivalで、世界中から寄せられたCD1000枚以上の中から「最優秀賞」受賞(ハンガリー出身者による受賞は史上初)。
96年からは、HUNGAROTON・クラシックレコード会社専属のアーティストとなる。
◆ コンサートやCD・ビデオでの演奏が広く認められ、ロイヤル・フィルハーモニー・オーケストラをはじめ、BBCフィルハーモニック、アイルランドのRTEコンサート・オーケストラから招待を受ける。リスト音楽院で教鞭を執る傍ら、一流のソロヴァイオリニストとして母国ハンガリーだけでなく、海外においても幅広く活躍。




ONCZAY Csaba:Cello
オンツァイ・チャバ(チェロ)









Website:
http://www.onczay.com



ページのトップへ
◆1946年
 ハンガリー生まれ。リスト音楽院卒業。モスクワやシェナ(イタリア)で学んだ後、リスト音楽院の教授に迎えられる。
パブロ・カザルス国際音楽コンクール第1位。
◆1973年
 ヴィラ・ロボス国際コンクール第1位。
◆1976年
 さらに、世界各地でソロ・コンサートを行うかたわら、一流のオーケストラとの共演も多く、世界各地で幅広い演奏活動をしている。中でも、ウィーン・フィルハーモニー、ゲヴァントハウス・オーケストラなどとの共演では、得に称賛を得る。
◆1986年
 コダーイのソナタ演奏に対して、ハンガリーで最も権威あるリスト賞を受賞。
◆1993年
 芸術家に贈られるハンガリーの最高の賞、コシュート賞を受ける。


◆ 今までにバッハからルトラフスキーまでのチェロのための主な作品をほとんど演奏。その他、彼のために作曲されたいくつかの現代の作品もあり、現在のレパートリーは、40曲を数える。93年の初来日のとき、岐阜県と愛知県のハンガリー友好協会発足のきっかけをつくり、95年から始まった「ぎふ・リスト音楽院マスターコース」では、ファルヴァイ・シャーンドル院長、キシュ・アンドラーシュ主任教授とともに、毎年優秀な若い留学生をリスト音楽院に送り出している。なお、同時に開催されるマスターコンサートでは、多くの支持を得ている。



KISS Andras:Violin
故 キシュ・アンドラーシュ
(ヴァイオリン)







ページのトップへ
◆1965年
 リスト音楽院を優秀な成績で卒業。ティボー・ネイに師事、その後レニングラードにあるリムスキー・コルサコフ音楽院で研鑽を積む。
◆1968年
 ライプツィヒで行われたバッハ国際コンクールにて第3位。
◆1969年
 ハンガリー放送主催のヴァイオリンコンクールにて第2位を受賞、また自身が率いる新ブダペスト弦楽四重奏団も数多くの賞を受賞している。


◆1990年から、ハンガリー国立交響楽団の第一コンサートマスターを務める。また、1968年よりリスト音楽院の講師、95年から弦楽部門の主任教授となる。98年にマスターコース開催のため初めて岐阜を訪れ、それが縁で、冬には、岐阜・愛知でリサイタルを開催し好評を博す。
◆03年秋、新ブダペスト弦楽四重奏団と留学修了生とのコンサートを開催。
◆2005年4月14日、ブダペストにて死去。


Web Site Administrator: Kosei OHTA